マンション大規模修繕工事業者の口コミ評判まとめ » はじめてのマンション大規模修繕ナビ

はじめてのマンション大規模修繕ナビ

大規模修繕工事とはどんなことを行うのか?どのように進めればいいのか?など、基本的な情報をまとめているページです。

はじめてのマンション大規模修繕工事

どんなにきれいで丈夫なマンションでも、建設されてから10年以上が経過すると、紫外線や風雨の影響でひび割れや塗装のはがれ、鉄部のさびなど、様々な箇所の劣化が目立つようになります。

これらをそのまま放置しておくと、割れやはがれの部分から風雨が奥まで入り込み、建物本体の損傷が進んでしまいます。

見た目にも明らかに老朽化が目立つようになりますし、塗装部分やタイルの落下など、意匠が損なわれるばかりでなく、危険が及ぶことになります。

劣化が見られ始めたら、なるべく早めに補修を行い、定期的にメンテナンスを実施することで、外観面でも機能面でもマンションを若返らせることが必要です。

12~15年に1回程度、様々な劣化箇所をまとめて補修・改修することを「大規模修繕工事」と呼びます。

大規模修繕は設計と工事の2ステップがメイン

それでは、具体的に大規模修繕ではどのようなことが行われるのでしょうか。

一般的な進め方では、大規模修繕工事は、工事を計画する「設計」段階と、実際に施工が行われる「工事」の段階に分けられます。

それぞれの進め方を大まかに見ていきましょう。

設計

大規模修繕工事の設計で最も大切なことは、「工事をする場所と方法、業者を決める」ということです。一般的には、以下のような流れで進めていきます。

  • 修繕委員会の設置
    マンションの住民や区分所有者から、修繕に関する雑務を行うメンバーを募り、委員会を結成します。
  •  診断業者の選定
    建物の劣化状況等を診断してもらうパートナー会社(管理会社・設計事務所・専門業者など)を選びます。
  • 建物診断・工事概要の作成
    建物診断を実施して、工事を施す箇所を絞り込み、それぞれにどのような工事を行うのか決定します。
  • 予算の把握
    工事概要をもとに、工事予算を把握します。もし修繕積立金が不足するようなら、一時金の徴収や借り入れなども考える必要があります。
  • 工事業者の選定
    工事の仕様や予算を元に、複数業者から見積もりやヒアリングを行い、どの施工会社に依頼するかを選定します。
  • 総会で決議
    修繕委員会で、業者と工事内容が確定したら、総会を開いて工事についての承認を受けます。

修繕委員会の設置から、施工会社との工事請負契約締結まで1年程度かかります。

大きな費用をかけて行う修繕工事となりますので、満足度の高いものとなるよう、工事の内容決定や業者選びには慎重な対応が必要です。

工事

工事の内容と施工業者が決定し、契約が締結されたらいよいよ着工となります。具体的な工事期間は規模や業者によって異なりますが、3~8ヶ月程度かかることが多いです。工事の進み方は以下のようになります。

工事によっては住民の生活に不便が生じる可能性もあり、事前の周知や気配りが成功の秘訣です。

  • 仮設工事
    作業員の詰め所や資材置き場など、作業に必要な環境整備や、足場の組み立てなどを行う、本工事の下準備です。
  • 下地補修・シーリング工事
    コンクリートのひび割れ部分やタイルのつなぎ目などの劣化を補修する工事です。この下地補修を丁寧に行うことで仕上がりの完成度が格段に変わるほどの大切な作業です。
  • 外壁塗装・防水工事・鉄部塗装工事
    色あせた外壁を塗り直したり、防水工事を行って雨漏りを防いだり、鉄部のさびや腐食を補修する工事です。大規模修繕の工程の中でもとくに大掛かりなもので、何度も塗装と乾燥をくり返します。
  • 設備工事・建築工事
    マンション内のバリアフリー化工事、エレベーターの改修工事、通信・照明設備の取り換え工事など、生活をより便利にするための工事です。必要に応じて行われます。

はじめてのマンション大規模修繕工事を成功させるアドバイス

経年劣化が目立つマンションの美観回復、機能回復に大きな役割を果たす大規模修繕工事。

より快適な生活を続けていくために避けては通れない工事ですが、進め方によっては様々なトラブルにつながることもあります。

大規模修繕のトラブルを防ぎ、住民が満足する工事を行うためには、次の3つのポイントに気をつけると良いでしょう。

  • 住民への周知・理解を徹底する
    大規模修繕における最も多いクレームが「騒音」などの工事中の不便に対するもの。これらは事前の気配りや周知方法、工事期間中のこまめな伝達などで防ぐことができます。
  • 資金面の計画は慎重に行う
    大規模修繕は1回の工事で数千万規模に及ぶこともある大がかりな工事。修繕の段階で資金不足にならないよう、工事を計画する前から積立金の金額の適正さをチェックするなどの準備を行っておくとよりスムーズです。工事費用は、高すぎるのはもちろん、安すぎるのもいけません。適正な価格で、適正な工事をしてもらうことがもっとも大切です。
  • 業者選びを妥協しない
    大規模修繕工事の成功の可否は、業者選びにかかっていると言っても過言ではありません。予算の中で最大限質の高い施工をしてもらうためにも、信頼できる業者を厳選しましょう。

大規模修繕を得意とする
施工会社3選

カッコ

ジョスコム

ジョスコム
二重線

お薦めPOINT

二重線

自社施工による一貫工事で低コスト・高品質を実現。
住民とのやり取りを重視した、正確な仕事に定評。
国立国会図書館の修繕も手掛けるなど施工技術は折り紙つき。

カッコ 線 カッコ

ヨコソー

ヨコソー
二重線

お薦めPOINT

二重線

100年以上もの実績を誇る大規模修繕工事業者。
建築美と機能への挑戦をモットーに、質の高い工事を提供。
光触媒や環境対応型塗料の使用など、時代に応じた施工を提案。

カッコ 線 カッコ

リノ・ハピア

リノ・ハピア
二重線

お薦めPOINT

二重線

独自に工法を開発するなど、質の高い工事を追求。
プロ意識の高い、見えないところまで手を抜かない施工に定評。
住民の生活までしっかり見据えたサービスを提供。

カッコ