急増している工事費の釣り上げ

釣り上げの手口と仕組み

工事費の釣り上げは、その名の通り分かりやすい不当請求の1つです。しかし、その背景には関係者達による巧みな関わりがひそんでいるのです。

大規模修繕の予算と計画

大規模修繕を行う場合、施工者へ依頼して修繕を行ってもらいます。しかし、管理者に専門知識がないと、どの程度工事をすれば良いのか、予算相場がどれくらいなのか、きちんと状況を把握できません。そこで、大規模修繕の専門家と協力して、大規模修繕の計画を作成していくのが主流になっています。

ただし、建物の診断から工事までを1つの管理会社に任せると、内容の透明性が確保できません。そのため、設計・管理と施工を別々の会社へ依頼して、適切な内容大規模修繕を行うようになりました。この方式の修繕計画の作成が、現在の主流の方法でもあります。

釣り上げの手口

修繕計画の管理と実施は、別々の会社が担当しています。つまり、適切な管理のもとで工事が行われるため、工事費の釣り上げが起こる可能性はないように思えます。しかし、近年問題になっている釣り上げは、管理会社と施工会社が談合していることで起きているのです。

2つの会社が談合すると、管理会社は施工会社からバックマージンを受け取れるため依頼費用が安くなり、マンションオーナーから選ばれやすくなります、一方、施工会社は出費はあるものの、工事費を釣り上げることでマイナスにならず、管理会社から修繕を依頼されやすくなるのです。

つまり、修繕費用を支払うマンションオーナーだけが損をして、管理会社や施工会社は利益しかありません。また、適切な価格が分からないからこそ、オーナーは管理会社へ依頼します。そのため、釣り上げられても適切な価格だと錯覚させることができ、釣り上げがバレることも滅多にないのです。

管理会社や施工会社が増え競争が激化したことで、他社を出し抜き自社の利益を上げるために、こうした不正な釣り上げが多発しています。

釣り上げに合わないために

不当な工事費の釣り上げに合わないためには、まず修繕計画のセカンドオピニオンを行いましょう。依頼した管理会社や施工会社と関わりのない新たな専門家へ依頼して、計画書や仕様書を確認してもらいます。

すると、その工事費が適切がどうかを第三者が判断してくれますので、不当な釣り上げを回避できます。

そして、いざとなったら修繕の計画そのものを白紙にし、一からやり直すことも初めから考えておきましょう。工事費が不当だとしても、白紙に戻せばそれまでの費用は取り戻せない場合があります。その結果、分かっていてもそのまま工事を進めてしまうこともあるのです。

ですが、釣り上げ分よりも一からやり直したほうが費用が抑えられる場合があります。そのため、修繕を始める場合は、計画を白紙にする覚悟を持って挑み、信頼できる会社に修繕を依頼しましょう。

また、国土交通省には専門家による相談窓口が用意されています。個別対応は難しいこともありますが、見積書なども無料でチェックしてくれます。

セカンドオピニオンまでは進めない場合など、疑いを持った初期の段階でこうした相談窓口を活用して、不当な価格の釣り上げを見抜きましょう。

大規模修繕を得意とする
施工会社3選

カッコ

ジョスコム

ジョスコム
二重線

お薦めPOINT

二重線

自社施工による一貫工事で低コスト・高品質を実現。
住民とのやり取りを重視した、正確な仕事に定評。
国立国会図書館の修繕も手掛けるなど施工技術は折り紙つき。

カッコ 線 カッコ

ヨコソー

ヨコソー
二重線

お薦めPOINT

二重線

100年以上もの実績を誇る大規模修繕工事業者。
建築美と機能への挑戦をモットーに、質の高い工事を提供。
光触媒や環境対応型塗料の使用など、時代に応じた施工を提案。

カッコ 線 カッコ

リノ・ハピア

リノ・ハピア
二重線

お薦めPOINT

二重線

独自に工法を開発するなど、質の高い工事を追求。
プロ意識の高い、見えないところまで手を抜かない施工に定評。
住民の生活までしっかり見据えたサービスを提供。

カッコ