マンションの設備工事

給排水管の交換や洗浄、電気・通信設備などのメンテナンス工事の内容をまとめています。

マンションの給排水管設備の改修・交換工事

マンション内の各戸につながっている給水・排水設備も、経年劣化に伴い、管の内部に汚れがたまったり、さびが発生することもあります。

配管の耐久年数はその素材によっても異なりますが、亜鉛めっき鋼管の場合は15~20年、塩ビライニング鋼管の場合は20~25年と言われています。

そのため第一回目の大規模修繕では見送り、第二回目の大規模修繕のうちの一つとして行われる場合もあります。

水道から赤っぽい水(さびが含まれている)が出てきたり、水圧が弱くなってきたり、漏水などが起こるような場合は、配管が老朽化しているサイン。速やかな状態の点検とメンテナンスが必要と言えます。

給水管・排水管のメンテナンス法は、主に「取替え」か「更生(延命措置)」の2種類です。それぞれの場合の工事内容を見ていきましょう。

給水管

更新工事(取替え)

古くなった配管を新しいものに取り替える工事。管内の腐食が進んでいた場合や、築20~30年たっている場合は取替えとなる場合が多いようです。

  • 隠蔽配管工事…既存配管を除去し、新しい配管を壁や床の中に埋め込みます。マンションの美観を損なわないきれいな仕上がりが期待できますが、工事は大掛かりなものとなり、費用面でも高めです。
  • 露出配管工事…既存の配管をそのままに、別のルートで配管を設置する方法です。費用も安く、比較的短期間で仕上がりますが、配管が外部に露出してしまいます。

更生工事(延命)

築年数が浅い場合や、管内の劣化がそれほどでもない場合、近いうちに大規模修繕が計画されている場合などは、管内の清掃や腐食の速度を遅くする措置を取って、劣化を食い止めます。

主に、以下のような工法があります。

  • ライニング工法…内部をエポキシ樹脂でコーティングすることで、管の劣化を防ぐ方法です。
  • 膜式脱気工法…中空糸膜を使用した技術で、給水管を流れる水中の酸素濃度を抑制することで、さびを防ぐ方法です。
  • カルシウム防錆工法…炭酸カルシウムの皮膜を給水管内部に作り、給水管と水が触れないようにすることでさびを防ぐ方法です。
  • 電気防食工法…水側を(+)、給水管側を(-)にして、流れる腐食電流をコントロールすることで、さびの進行を食い止める方法です。

排水管

更新工事(取替え)

排水管は各戸の真下から配管されているため、交換する場合は、床をはがす方式(床上方式)か、下の部屋の天井裏から行う方式(床下方式)で行います。いずれの場合も大がかりな工事となります。

更生工事(延命)

大がかりな排水管工事が難しい場合は、管内をエポキシ樹脂等でコーティングし、耐久性を高める措置をとります。

電気・通信設備の改修・メンテナンス

電線の引替工事や高圧ケーブルの交換、また衛星アンテナの改修・修理なども、足場架設を行う大規模修繕だからこそ可能になる工事の一つ。

必要に応じてこれらの改修工事も行う場合があります。

大規模修繕を得意とする
施工会社3選

カッコ

ジョスコム

ジョスコム
二重線

お薦めPOINT

二重線

自社施工による一貫工事で低コスト・高品質を実現。
住民とのやり取りを重視した、正確な仕事に定評。
国立国会図書館の修繕も手掛けるなど施工技術は折り紙つき。

カッコ 線 カッコ

ヨコソー

ヨコソー
二重線

お薦めPOINT

二重線

100年以上もの実績を誇る大規模修繕工事業者。
建築美と機能への挑戦をモットーに、質の高い工事を提供。
光触媒や環境対応型塗料の使用など、時代に応じた施工を提案。

カッコ 線 カッコ

リノ・ハピア

リノ・ハピア
二重線

お薦めPOINT

二重線

独自に工法を開発するなど、質の高い工事を追求。
プロ意識の高い、見えないところまで手を抜かない施工に定評。
住民の生活までしっかり見据えたサービスを提供。

カッコ