HOME » はじめてのマンション大規模修繕ナビ » 大規模修繕の流れ~4、見積もりから業者選定~

大規模修繕の流れ~4、見積もりから業者選定~

施工業者を選ぶ際の注意点をポイントに絞って紹介しています。

大規模修繕工事の業者選定について

大規模修繕工事でもっとも大切なのが、「工事をどこの会社に依頼するか」ということです。

工事を依頼できる会社は、大手ゼネコンや地元の工務店、またマンションの管理会社などいくつかの選択肢があります。

その中でなるべく低コストで高品質の工事をお願いできる業者はどのように選んだらよいのでしょうか?

施工業者を選定する際に必要なのが「数社から見積りを取る」ことで、相見積もりと呼ばれます。

例えば個人的に引っ越しを行う際、いくつかの業者を見積もりに呼んで、最も安くてサービスの良さそうなところに決めよう、ということと同じです。

相見積もりを行うと業者同士が価格面・品質面で競い合うため、1社のみから見積りを取った場合よりも結果的に費用が安くなる場合が多いのです。数社に見積もりを依頼した方がコストを抑えられ、品質の高い工事を発注できる可能性が高くなると言えます。

数千万単位の高額を支払う工事ですから、しっかりと比較したうえで、信頼できる施工業者を見つけましょう。

大規模修繕の相見積もりを取る前に~比較しやすくするための準備

コストをなるべく抑えつつも、必要十分な修繕工事を行ってもらうためには、相見積もりで適正な業者を選ぶことが肝要です。

しかし、一般的に見積もりの内容は、工事が必要な箇所や工法、材料の種類・量などがそれぞれの業者の方式で記載されていることが多く、専門用語が多いため素人が見ただけでは、どの見積もりが適正なのかわかりにくいことが多いようです。

そのため、見積もりを依頼する際には必ず「条件をそろえた状態での見積もり」をお願いしましょう。

この場合の「条件」とは、どの場所にどの工法で補修を行うか、期間はどれくらいで、塗料や補修材料はどのメーカーの何をどれくらい使用するかなどを指し、これらをしっかりと指定した形で見積もりを依頼するのが理想的です。

これらの条件を設定するためには、以下の3つ必要となります。

  • 建物診断報告書
  • 修繕計画書
  • 修繕仕様書

まずは管理組合やコンサルタントに建物診断を依頼し、必要な情報をそろえましょう。報告書や仕様書の内容を、修繕委員会できちんと検討することも大切です。

見積もり以外でチェックしたい業者選定のポイント

条件をそろえて相見積もりを依頼することで、見積もりの内容が分かりやすく、より比較しやすくなります。

費用面と工事の内容で施工業者はおのずと決まってくるはずですが、完全に決定する前に、+アルファとして考えておいた方が良いポイントを2点紹介します。

実績が確かかどうか

大規模修繕工事は、人が居住しながらの状態での長期間の工事となります。そのため、様々なイレギュラーも発生する可能性があり、そのような場合でも上手に工事を進めていくための経験やノウハウがとても大切です。

また、自分たちのマンションに近い規模での大規模修繕について、豊富な実績をもった業者であればより安心して発注することができます。

経営状態がよいかどうか

大規模修繕工事は、見積もり依頼から工事完了まで少なくとも1年はかかります。また工事が終了した後も1~数年後に不具合が見られたり、予期せぬ事態が起こることもあります。

通常は1年、2年、3年、5年、7年、10年のように定期的な点検とメンテナンスも行う場合が多く、いったん発注したら長い付き合いなるわけで、工事を担当した業者が途中で倒産していたら困ります。

そのため、施工業者を選ぶ際には、その会社の経営状態が良好かどうかということも考えにいれておくことをお勧めします。

大規模修繕を得意とする
施工会社3選

カッコ

ジョスコム

ジョスコム
二重線

お薦めPOINT

二重線

自社施工による一貫工事で低コスト・高品質を実現。
住民とのやり取りを重視した、正確な仕事に定評。
国立国会図書館の修繕も手掛けるなど施工技術は折り紙つき。

カッコ 線 カッコ

ヨコソー

ヨコソー
二重線

お薦めPOINT

二重線

100年以上もの実績を誇る大規模修繕工事業者。
建築美と機能への挑戦をモットーに、質の高い工事を提供。
光触媒や環境対応型塗料の使用など、時代に応じた施工を提案。

カッコ 線 カッコ

リノ・ハピア

リノ・ハピア
二重線

お薦めPOINT

二重線

独自に工法を開発するなど、質の高い工事を追求。
プロ意識の高い、見えないところまで手を抜かない施工に定評。
住民の生活までしっかり見据えたサービスを提供。

カッコ