マンション大規模修繕工事業者の口コミ評判まとめ » はじめてのマンション大規模修繕ナビ » 大規模修繕における機械式駐車場の廃止方法を解説

大規模修繕における機械式駐車場の廃止方法を解説

機械式駐車場の廃止

10~15年に一度の大規模修繕だからこそ、機械式駐車場の廃止を考えておくことも、その後のマンション経営には需要です。

機械式駐車場の概要・特長

機械式駐車場とは、住民が多いマンションの駐車場として設置されることが多い駐車場です。複数回建てにすることで、狭い面積でも多くの自動車が注射できますので、土地活用の面からは非常に大きなメリットとなっています。

特に、自動車は通勤だけでなく買い物などの移動手段としても活用されているため、複数台自動車を所有している場合もあります。通常のマンションの駐車場では駐車数=世帯数となっていることが多く、複数所有している世帯は他に駐車場を借りなければならなくなります。

機械式駐車場の場合、建設する規模によって余裕をもたせることができますので、こうした煩わしさを感じている家族の集客にも繋がります。また、所有面積を減らすことは、建設費の削減にもなり、早い段階から収益を黒字化させるためにも有効な方式といえるでしょう。

廃止するメリット

面積を最大限活用できる方法として有効的な機械式駐車場。一見するとマンションに付帯しているだけでも大きなメリットがあるように思えます。しかし、大規模修繕の際には廃止を考えて検討することがより大きなメリットになる場合があるのです。

費用対効果の増減

機械式駐車場と通常の駐車場の大きな違いがコストです。機械式駐車場には、安全に使用するための定期検査や保険の費用、稼働させるための電力や給油の費用が必要です。さらに、故障した場合には機械の修繕費やパーツの費用などがかかり、高額な維持コストを支払わなくてはいけません。

建設直後は入居者や駐車場の利用者も多いため、維持コストを支払っても利益になるでしょう。しかし、入居者が安定しなくなればその分管理費などが減り、維持コストの負担が重くなっていきます。特に、近年は自動車を所有しない世帯が増えたり、再開発により近隣に鉄道駅が建設されたりすると、駐車場利用者が減ってしまいます。

すると、当初の思惑よりも維持コストの支払いが難しくなり、利益に繋がらくなることも多いのです。そのため、大規模修繕の際に機械式駐車場にかかる収支バランスを計算し、雲行きが怪しい場合は通常の平面駐車場にしたほうが後々の利益に繋がるというメリットがあります。

メンテナンス時期と重なる

機械式駐車場は日頃の定期検査や保全が必要ですが、一般的な耐用年数は15年といわれています。そのため、15年を過ぎると不具合が多発する可能性が高く、その度に修繕費が必要となり、維持コストが増えてしまうのです。場合によっては、機械式駐車場の建て替えが必要になる場合もあります。

マンションの規模にもよりますが、大規模修繕の目安となるサイクルは10~15年だといわれています。つまり、マンションの大規模修繕のサイクルと、機械式駐車場のメンテナンスのサイクルが重なっているのです。

大規模修繕時は、機械式駐車場をこれからも続けていくのか、それとも平面駐車場にするのかを見つめるまたとない時です。無理に続けて赤字を出してから変更することを考えるなら、この絶好のチャンスに建て替えましょう。

改修方法

機械式駐車場から平面駐車場に改修する場合、まず駐車場本体を撤去します。その後、支柱などが建てられていたベース部分へ埋め戻し材を流し込んで整地します。もしくは、整地をせず鉄板などで地面を塞ぐ方法があります。

整地する場合の方が、後々まで修繕なく利用できますが、修繕期間が長く費用が高額になるデメリットもあります。特に、この期間は駐車場が使えないため、別途駐車場を用意しなければいけません。

そのため、こうした諸費用を考えながら、どのような方法で平面駐車場へ修繕していくのかを考えましょう。場合によっては、次の大規模修繕をまたいで埋め立てを行っても良いかもしれません。

大規模修繕を得意とする
施工会社3選

カッコ

ジョスコム

ジョスコム
二重線

お薦めPOINT

二重線

自社施工による一貫工事で低コスト・高品質を実現。
住民とのやり取りを重視した、正確な仕事に定評。
国立国会図書館の修繕も手掛けるなど施工技術は折り紙つき。

カッコ 線 カッコ

ヨコソー

ヨコソー
二重線

お薦めPOINT

二重線

100年以上もの実績を誇る大規模修繕工事業者。
建築美と機能への挑戦をモットーに、質の高い工事を提供。
光触媒や環境対応型塗料の使用など、時代に応じた施工を提案。

カッコ 線 カッコ

リノ・ハピア

リノ・ハピア
二重線

お薦めPOINT

二重線

独自に工法を開発するなど、質の高い工事を追求。
プロ意識の高い、見えないところまで手を抜かない施工に定評。
住民の生活までしっかり見据えたサービスを提供。

カッコ