大規模修繕の費用相場

大規模修繕工事にかかる費用の平均や、適正価格の業者を見つけるためのポイントをまとめています。

大規模修繕工事にかかる費用の相場

大規模修繕は、マンションやビルの経年劣化に伴う不具合や老朽化をまとめて修繕・改修を行う工事です。

防水工事や外壁工事、下地補修などを始め、設備のリニューアルまでさまざまな工事を一括で行うため、かなり大がかりな工事となります。

その際の費用は住民が負担することになります。実際どのくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

一般的に、一度の大規模修繕でかかる費用は1戸当たり100万円前後と言われています(※あくまで目安です。工事内容や建物の状況で変動します)。

これらの費用は、大規模修繕を行う際に急に支払うものではなく、「修繕積立金」として、月5,000円~1万円程度を積み立ててきた貯金から出されることになります。

ただし、工事の内容や見積金額によっては、積立金よりも高額になる場合もあり、その場合は、工事を縮小するか、新たな費用をねん出するかを話し合わなければなりません。

費用を抑えて高品質の大規模修繕を実現するためには?

数千万単位での支出となる大規模修繕工事ですが、できれば工事費用はなるべく安く抑えたいものです。

しかし、必要な工事の内容は、その建物の広さ、劣化具合、築年数、予算などによって多岐にわたり、費用も様々なパターンがあります。

また、見積もり内容も業者によって工事項目や試算の計算式などが異なり、素人では比較が難しい場合が圧倒的に多いようです。

コストを最小限に抑え、必要な箇所に十分な修繕を行ってもらうためには、建物診断から修繕計画、施工まで必ず第3者の目を入れること。

管理会社に任せるばかりではなく、第三者機関(設計コンサル)に助言を仰いだり、住民たち自身で工事内容を吟味したり、提案内容が適正かどうかを考える過程が大切です。その上で、実績の豊富な業者(複数社)にできるだけ条件をそろえた見積もりを依頼しましょう。

また、それぞれの工事内容において、どの工法を使うのか、どの材料でどれくらい使用するのか、を明確に記載してもらうようにしてください。

ある程度条件をそろえた見積もりを比較すれば、おそらく、ある価格帯に見積額が集中するはずです。その価格帯こそが、適正価格。

それよりも明らかに高い、もしくは安い業者には、それぞれ理由があるはずです。例えば、何かオプションのサービスが付いていたり、もしくは逆に一部のサービスを削っていたり、といった具合です。

大規模修繕は、適正な価格で、不備のない工事をしてもらうのが大前提です。業者選びには、妥協しないようにしましょう。

このサイトでは、実績豊富で評判も高い大規模修繕業者もまとめていますので、合わせて参考にしてみてください。

大規模修繕を得意とする
施工会社3選

カッコ

ジョスコム

ジョスコム
二重線

お薦めPOINT

二重線

自社施工による一貫工事で低コスト・高品質を実現。
住民とのやり取りを重視した、正確な仕事に定評。
国立国会図書館の修繕も手掛けるなど施工技術は折り紙つき。

カッコ 線 カッコ

ヨコソー

ヨコソー
二重線

お薦めPOINT

二重線

100年以上もの実績を誇る大規模修繕工事業者。
建築美と機能への挑戦をモットーに、質の高い工事を提供。
光触媒や環境対応型塗料の使用など、時代に応じた施工を提案。

カッコ 線 カッコ

リノ・ハピア

リノ・ハピア
二重線

お薦めPOINT

二重線

独自に工法を開発するなど、質の高い工事を追求。
プロ意識の高い、見えないところまで手を抜かない施工に定評。
住民の生活までしっかり見据えたサービスを提供。

カッコ