マンション外壁のひび割れ・下地補修工事

下地補修工事の内容や種類をまとめています。

塗装や防水工事の仕上がりに影響するマンション外壁のひび割れ・下地補修工事

マンションやビルなどの頑丈な建物はほとんどの場合、鉄筋とコンクリートで造られています。

これは、酸性性質を持つ鉄筋と、アルカリ性性質を持つコンクリートを合わせて建設することで、お互いの性質が中和され、建物の耐久性が高まるためです。

しかし、年月が経つと、気温の上下によってコンクリートが膨張・収縮をくり返し、ひび割れや欠けなどが起こるようになります。これらを放置すると、ひび割れ部分から雨水が浸食し、内部の鉄筋を腐食するなどして、建物自体の寿命が縮まる危険性があります。

下地補修工事は、コンクリートのひび割れや欠け、モルタルの浮き・はがれ、鉄筋の爆裂などを修復する工事です。

外壁の塗装や屋上などの防水工事を行う前にこの下地補修工事を行うことで、建物の耐久性が高まり、塗装などの仕上がりも長期間保たれるようになります。

それでは、それぞれの工事の内容を見てみましょう。

コンクリート部分

ひび割れ補修は、ひびの大きさによって補修工法が異なります。主だった補修工法は以下の通りです。

  • 小さなひびの場合(幅0.3mm程度まで)…擦りこみ工法

補修を行う部分を洗浄して土埃などを良く落としてから、微弾性フィラーや可透性エポキシ樹脂を擦りこみ、表面を滑らかに仕上げます。

  • 中くらいのひびの場合(幅0.3mm~1.0mm程度まで)…エポキシ樹脂低圧注入工法

ひび割れ部分の表面をシールで覆い、注入器具を取りつけて、シールの下部分にエポキシ樹脂をゆっくりと注入する方法です。

  •  大きなひびの場合(幅1.0mm以上)…Uカット補修工法

ひび割れの周辺を幅1cm程度のUの字に削り、その中にモルタルやシーリング剤をつめる方法です。

シーリング剤は伸縮性があるため、ひび割れの動きを追ってしっかり密着します。

  • 欠け・割れ補修…モルタル充填工法

コンクリートの割れや欠損部分には、モルタルを充填して、表面を滑らかにする補修方法が行われます。

  • 浮き・はがれ補修…エポキシ樹脂ピン注入工法

モルタルが浮いたり、はがれかかったりしている部分にドリルで穴をあけ、内部にエポキシ樹脂を注入し、浮いている部分と躯体を接着させます。

再度の浮きを予防するため、ステンレスのアンカーピンを挿入し、補強します。

鉄筋部分

  • 爆裂補修…モルタル充填工法

コンクリートのひび割れや耐久性の低下により、雨水などが侵入してしまい、内部の鉄筋を腐食した結果、鉄筋がコンクリートを押し上げている状態を鉄筋爆裂と呼びます。

まず、コンクリートを削って鉄筋部分を露出させ、錆を取り除いた後に、エポキシ樹脂モルタルやセメントを数回に分けて塗り込みます。セメント部分が硬化したら完了となります。

モルタル部分

  • 浮き・はがれ補修…エポキシ樹脂ピン注入工法

モルタルの浮きやはがれは、落下の危険性があるため、しっかりとした処置が必要です。現場に合わせて20cm~30cmの間隔で穴をあけ、エポキシ樹脂して浮いている部分と下地を接着させます。

補強のために穴を開けた部分にステンレス製のねじピンを挿入し、表面を滑らかに整えます。

大規模修繕を得意とする
施工会社3選

カッコ

ジョスコム

ジョスコム
二重線

お薦めPOINT

二重線

自社施工による一貫工事で低コスト・高品質を実現。
住民とのやり取りを重視した、正確な仕事に定評。
国立国会図書館の修繕も手掛けるなど施工技術は折り紙つき。

カッコ 線 カッコ

ヨコソー

ヨコソー
二重線

お薦めPOINT

二重線

100年以上もの実績を誇る大規模修繕工事業者。
建築美と機能への挑戦をモットーに、質の高い工事を提供。
光触媒や環境対応型塗料の使用など、時代に応じた施工を提案。

カッコ 線 カッコ

リノ・ハピア

リノ・ハピア
二重線

お薦めPOINT

二重線

独自に工法を開発するなど、質の高い工事を追求。
プロ意識の高い、見えないところまで手を抜かない施工に定評。
住民の生活までしっかり見据えたサービスを提供。

カッコ