HOME » はじめてのマンション大規模修繕ナビ » マンションのシーリング工事

マンションのシーリング工事

大規模修繕における「シーリング」工事の目的とは?重要な役割と工事の流れを紹介しています。

マンションの壁のつなぎ目や窓枠周りの「すき間」を埋めるシーリング工事

シーリングとは、外壁のつなぎ目や窓のサッシ周り、玄関など、資材をつなげたすき間に注入されているゴムのような素材のもので、建物の防水性や気密性を高めるために重要な役割を果たしています。

たとえばマンション建設時、コンクリートで作られた建物の外側に、タイルやサイディングなどの装飾用の資材を貼りつけます。

これらの資材は一枚ものではなく、いくつもの資材を積み重ねて、一つの大きな外壁となります。この資材をつなぐ部分に注入されるのがシーリングで、「目地」や「コーキング」とも呼ばれ、2つの役割があります。

雨水やすき間風などを防ぐ防水・気密性を高める

シーリングの最も重要な役割がこの防水機能です。そのため大規模修繕におけるシーリング工事はしばしば防水工事に含まれます。

建物を作る資材のつなぎ目は、しっかりと接着してもどうしても完全な密閉はできず、水や風などが侵入してしまいますが、つなぎ目にシーリングを注入することで、建物の密閉性を高め、快適な住宅環境を実現することができます。

地震などの揺れから建物を守るための耐震性

コンクリートやタイルなどの建物を作っている資材は、気温によって膨張・伸縮するという特性があります。

部材同士を接着させる場合、あまりにピッタリとくっつけてしまっては、部材が膨張したり伸縮したりした際に、部材同士がぶつかり合い、欠けや割れを引き起こしてしまいます。

気温によってわずかな伸びちぢみする部材同士の継ぎ目は、シーリングの柔軟制によってサポートされます。

また、この柔軟性は、強風や地震などによる揺れから建物を守るためにも絶大な効果があります。

このように、マンションやビルなどの建物の耐久性を高める上で重要なシーリングですが、紫外線にさらされるうち、5年程度で劣化し、柔軟性や防水性が低下してしまいます。

そのため、やせや割れが見られた場合は早急な打ち替え工事が必要と考えられます。

マンションにおけるシーリング工事の流れ

それでは実際のシーリング工事の進め方を簡単に見てみましょう。

  1. 既存シーリング剤の除去
  2. 該当箇所の清掃
  3. バックアップ材の装填
  4. プライマーの塗布
  5. 新しいシーリング剤の注入

最後に注入した個所をヘラで押さえてしっかりと定着させます。

地味な作業ですがここを丁寧に行うことで、建物自体の耐久性・防水性が格段にアップし、また塗装の仕上がりにも明確な差が出ます。

大規模修繕を得意とする
施工会社3選

カッコ

ジョスコム

ジョスコム
二重線

お薦めPOINT

二重線

自社施工による一貫工事で低コスト・高品質を実現。
住民とのやり取りを重視した、正確な仕事に定評。
国立国会図書館の修繕も手掛けるなど施工技術は折り紙つき。

カッコ 線 カッコ

ヨコソー

ヨコソー
二重線

お薦めPOINT

二重線

100年以上もの実績を誇る大規模修繕工事業者。
建築美と機能への挑戦をモットーに、質の高い工事を提供。
光触媒や環境対応型塗料の使用など、時代に応じた施工を提案。

カッコ 線 カッコ

リノ・ハピア

リノ・ハピア
二重線

お薦めPOINT

二重線

独自に工法を開発するなど、質の高い工事を追求。
プロ意識の高い、見えないところまで手を抜かない施工に定評。
住民の生活までしっかり見据えたサービスを提供。

カッコ