大規模修繕にかかる期間

着工から工事完了までの期間はどれくらい?各種工事にかかる日数をまとめています。

大規模修繕工事の着工から完了までの期間

大規模修繕工事の計画が立ちあがってから、実際の着工までは通常1年~1年半程度かかると言われています。その間に行われるのは、修繕委員会の結成、建物診断、工事計画の設計、相見積もり等、内容は多岐にわたります。

施工業者と工事内容が確定し、総会での承認を経て工事請負契約を結ぶと、いよいよ着工となります。

着工から工事が完了するまでの期間は、工事の内容や範囲にもよりますが、小規模マンション(50戸以下)で2~3ヶ月、大規模マンション(50戸以上)は5~8ヶ月程度かかる場合もあります。

かなり長期間にわたる工事なので、住民の生活にも少なからず影響が出ることが考えられます。

それでは、一般的な大規模修繕工事で行われる主だった工事について、どの程度の期間がかかるかを見てみましょう。

労働基準監督署に足場工事の申請…30日

大規模修繕と聞くと、まず思い浮かぶのが足場ではないでしょうか。しかしその足場を組むためには、まず労働基準監督署に足場工事の申請を出さなければなりません。

しかも、申請するタイミングは、工事開始の30日前までとなっています。申請後、30日の期間を待って、ようやく足場工事を始めることができるようになります。

仮設工事・足場架設(30~50戸の場合)…10日~15日程度

長期間にわたり行われる大規模修繕工事で、まず初めに行われる準備段階の工事です。資材置き場や作業員の詰め所、洗い場などの設置に1~2日。

マンションの外周をぐるりと覆う形で架設される足場の組み立てに平均10日~15日程度かかります。もちろん、マンションの規模や工事内容によって前後します。

下地補修・シーリング・鉄部塗装…2週間~1ヶ月程度

足場が架設されたら、次に壁などの下地や目地部分の補修・洗浄が行われます。

ひび割れ・爆裂部分の補修やシーリング打ち替え工事などを行った後に、高圧洗浄で汚れやコケなどを洗い流します。

1ヶ所の作業にかかる時間は1日~数日程度ですが、広範囲で行う場合は、いくつかの作業を掛け持ちで行っても、かなりの日数を要します。

防水工事・外壁塗装工事…1ヶ月~3ヶ月程度

下地を補修・洗浄し、いよいよ仕上げとなる防水加工や外壁の塗装作業に入ります。防水・塗装作業はまず、塗料を塗らない部分をシートで覆うなどの養生作業から始まります。

その後、下塗り→中塗り→上塗りと、最低でも3回は塗装作業をくり返します。劣化状態によっては下塗りを2回行うこともありますし、上塗りの上にさらにトップコートを重ねる場合もあります。

中塗りと上塗りの色味を微妙に変えて塗るようにしてもらうと、塗装作業がどこまで進んでいるのか一目瞭然で、安心して工事を任せることができます。

以上が、大まかな工事期間の目安です。

もちろん、マンションの規模や、施工業者、工事の方法などによって、工事期間は変わってきます。また、大規模修繕で行われる工事はこの他にもあります。

自身のマンションで具体的にどれくらいの工事期間が必要かは、見積もりを出す際に各業者に確認してみるとよいでしょう。

大規模修繕を得意とする
施工会社3選

カッコ

ジョスコム

ジョスコム
二重線

お薦めPOINT

二重線

自社施工による一貫工事で低コスト・高品質を実現。
住民とのやり取りを重視した、正確な仕事に定評。
国立国会図書館の修繕も手掛けるなど施工技術は折り紙つき。

カッコ 線 カッコ

ヨコソー

ヨコソー
二重線

お薦めPOINT

二重線

100年以上もの実績を誇る大規模修繕工事業者。
建築美と機能への挑戦をモットーに、質の高い工事を提供。
光触媒や環境対応型塗料の使用など、時代に応じた施工を提案。

カッコ 線 カッコ

リノ・ハピア

リノ・ハピア
二重線

お薦めPOINT

二重線

独自に工法を開発するなど、質の高い工事を追求。
プロ意識の高い、見えないところまで手を抜かない施工に定評。
住民の生活までしっかり見据えたサービスを提供。

カッコ