HOME » はじめてのマンション大規模修繕ナビ » マンションの防水工事

マンションの防水工事

経年劣化や紫外線による浮き・はがれなどで必要となる防水工事の種類や費用、耐久年数をまとめています。

マンションの防水工事の種類と選び方

マンションの屋上部分や階段、バルコニー、廊下などには、雨水などの侵入を防ぐための防水対策が取られているのが一般的ですが、この防水効果は、何年にもわたる紫外線や風雨によって保護塗装が浮いたりはがれたり、ひびが入ったりするようになります。

耐久年数は防水工事の種類や工法、またマンションの立地環境によっても異なりますが、防水効果が薄れると、雨漏りの原因となったり、建物自体の劣化を促進してしまう危険性があります。

そのため、大規模修繕工事では防水工事も行われることが多いようです。それでは、防水工事の種類にはどのようなものがあるか見ていきましょう。

大きく分けると以下の3種類の方法があります。

塗膜防水

塗膜防水はその名の通り、防水材を「塗る」工法です。防水塗料の種類は以下の2種類が主に使用されます。

ウレタン防水

ポリイソシアネートが主成分の薬剤と、ポリオールが主成分の硬化剤を混合した防水剤を塗る(最近は一液もあり)ことで、防水効果が得られます。

液体状のためどんな下地の形状にもなじみやすく、継ぎ目のない防水膜を作ることができます。費用面でも安価で、工期も短期間。

すぐれた防水効果もあり、幅広く採用されている人気の工法です。

ただ、奥の深い工法でもあり、やり方によっては膨れ・破断などのトラブルも起こります。

現場で職人さんが塗る際に、厚みを確保することが重要です。この厚みの管理には、信頼性の高い方法もあります。

例えば、マス目入りのシートを下に敷き、そのマス目が見えているかどうかで厚みを判断する、というような方法です。

FRP防水

強度と耐久性共に優れたガラス繊維強化プラスチック(FRP)を応用した防水工法です。

軽量で強靭な防水層となるため、その上を歩いたり、車両の通行も可能。

塗って硬化させるまで1~2日と工期も短く、どのような形状にも変形可能で、継ぎ目もなく見た目にも美しい仕上がりになります。

デメリットとしては、施工の際に独特の臭いが発生すること、また下地の水分量によっては剥がれやすくなってしまうことが挙げられます。

ほか、材料に労働安全衛生法で危険物に指定されているものがあるため、管理や施工には十分な配慮が必要とされます。

シート防水

シート防水は、シート状に加工された防水材を接着剤やアンカーなどで「貼る」工法です。

一般的に以下の2種類のシートが使用されています。

塩化ビニールシート
紫外線や熱、オゾンに耐久性の高い塩化ビニール樹脂シート。様々な色合いや模様が選べ、シート同士を熱で溶かして接着できるため、障害物をよけて敷きたい場合にも施工可能。耐久年数が10~15年と比較的短めなのがデメリットです。

ゴムシート
伸縮性が高く伸びがあり、防水効果にも優れたゴムシート。軽量なので、木造建築にも使用できます。
工期も短く低コストで行えますが、下地が平らである必要があり、複雑な形状の場所には適応できません。また、接着剤が紫外線に弱く、耐久年数は短め。防水の応急処置として用いられることが多いようです。

アスファルト防水

合成繊維不織布にアスファルトを浸透させたシート状の「ルーフィング」を溶融したアスファルトで貼り重ねて形成する工法。

「塗る」+「貼る」の両方の特徴を併せ持った工法と言えます。

広く普及している屋上防水で、多くのマンションが露出砂付き仕上げにしたアスファルト防水となっています。

シートの裏面のアスファルト部分をバーナーで溶かしながら貼り重ねていく、火を使う「トーチ工法」と、液状のアスファルトとルーフィングを交互に貼っていく「常温工法」があります。

厚い防水層となるため、防水効果は高く、コンクリートを打つことで、上を歩くことも可能です。施工時に独特のにおいが発生する点と、施工場所の重量が増してしまう点がデメリットと言えます。

アクリルゴム防水

アクリルゴム系防水材を下地に塗り、防水層を作っていく工法です。アクリルゴムはウレタンと似ていますが、ウレタンほど幅広く普及はしていません。

ただ、水系材料の塗膜防水材のため、環境適応の点で優れているという特長があります。

大規模修繕を得意とする
施工会社3選

カッコ

ジョスコム

ジョスコム
二重線

お薦めPOINT

二重線

自社施工による一貫工事で低コスト・高品質を実現。
住民とのやり取りを重視した、正確な仕事に定評。
国立国会図書館の修繕も手掛けるなど施工技術は折り紙つき。

カッコ 線 カッコ

ヨコソー

ヨコソー
二重線

お薦めPOINT

二重線

100年以上もの実績を誇る大規模修繕工事業者。
建築美と機能への挑戦をモットーに、質の高い工事を提供。
光触媒や環境対応型塗料の使用など、時代に応じた施工を提案。

カッコ 線 カッコ

リノ・ハピア

リノ・ハピア
二重線

お薦めPOINT

二重線

独自に工法を開発するなど、質の高い工事を追求。
プロ意識の高い、見えないところまで手を抜かない施工に定評。
住民の生活までしっかり見据えたサービスを提供。

カッコ